座間市の耳鼻科・耳鼻咽喉科のなかむら耳鼻咽喉科/花粉症・アレルギー性鼻炎・中耳炎/キッズスペース有

TEL:046-259-1187

〒252-0003
神奈川県座間市ひばりが丘1-41-3

駐車場有(4台分)、バリアフリー対応、キッズスペース有

アレルゲン免疫療法

Contents 耳の症状 鼻の症状 喉の症状
問診票ダウンロード Mobile
HOME»  アレルゲン免疫療法

アレルゲン免疫療法とは

アレルゲン免疫療法は、アレルギー反応の原因となっているアレルゲンを少量ずつ投与していくことで、身体に免疫をつけていく治療法です。少量ずつの投与の為、長期間の治療となります。

注射を用いてアレルゲンを投与する「皮下免疫療法」と舌の下に治療薬を置くだけの「舌下免疫療法」があります

皮下免疫療法

皮下免疫療法について

皮下免疫療法は、アレルゲンエキスを繰り返し注射することでアレルギー反応を起こしにくい体質にしてゆくための治療です。

当院では、スギとハウスダストに対しての皮下免疫療法を行っています。
治療は定期的な皮下注射を長期にわたり行います。

採血で、アレルギー検査を行います。
(他院ですでに結果の出ている方はその結果をもとにできることがあります)

皮下免疫療法の流れ

STEP1 初診(診察など)
診察後、皮内テストで治療開始時の濃度を決定します。
STEP2 皮下注射
1週間に1回の皮下注射を行います。 1回ごとに、アレルゲンエキス濃度と量を徐々に増量します。(約30回くらい)
STEP3 維持量を続ける

アレルゲンエキスは注射部の皮膚の反応などをみて増量可能かどうかの判断をします。
(効果不十分と判断した時は治療の中止となりますが
約70から80パーセントの方が続けてゆくことになると考えてます)

徐々に増量してゆきその最大量で維持量とします。
維持量に達した後は注射の間隔をあけてゆきます。
1ヶ月に1回くらいの感覚まで徐々にあけてゆきます。
維持量での注射期間は3から4年です。(開始からですと4から5年かかります)

舌下免疫療法

アレルゲンエキスを注射を用いて身体に投与する「皮下免疫療法」と違い、
アレルゲンを含む治療薬を舌の下に投与するのが
「舌下免疫療法」です。ダニアレルギーやスギ花粉症のアレルギーに対する治療として有効です。
12歳以上の方が対象となります。
長期的に服用していただきますが、自宅での服用が可能です。

舌下免疫療法の流れ

STEP1
最初医院での処方時は少量の服用で始めます。
STEP2
2日目以降は1日1回、自宅での服用となります。
舌の下に治療薬を一定時間置いた後飲み込むだけです。
(直後5分以内の飲食・うがいはお控えください)
STEP3
その後は決められた一定量を継続的(3年以上)に自宅で摂取して頂きます。
経過を見るために月に1度は医院での受診を推奨しております。
PageTop